薬剤師の転職で失敗しないために知っておきたい注意点とは!

薬剤師転職 > 

薬剤師が転職する際に抑えておきたい3つのこと

薬剤師の資格を活かして働くことが出来る職場は、意外と多いものです。そのため、選り好みをしなければ、比較的簡単に次の仕事が決まるといえるでしょう。 とはいえ、頻繁に転職するわけにもいきませんし、できれば1つの職場で長く働きたいと考えるケースは少なくありません。そこで、薬剤師が転職する際に、抑えておきたい3つのことについてご紹介していくことにしましょう。
薬剤師 転職

まず1つ目は、薬剤師転職する理由の分析です。仕事を辞めたいと考えたとき、人それぞれ様々な理由があります。また、各職場の特徴によっても、転職したい理由に違いは出てくるものです。

例えば、調剤薬局なら処方箋の数が多過ぎて忙しいということだったり、ドラッグストアであれば、在庫管理やレジ打ちなど、薬剤師と関係がない仕事が多いということだったりします。 このように、転職理由の分析を行うことで、改めて転職する必要があるかどうかを確認することができるでしょう。

2つ目は、転職先の見極めについてです。ただ単純に待遇が良いという理由を中心に、転職先を調べたくなるものですが、長く勤めたいのであれば事前に確認しておくべきことがいくつかあります。

例えば、経営が安定しているかどうかは、知っておいた方が良いポイントの一つですし、できれば人間関係や職場の雰囲気についても知っておいた方が働きやすいでしょう。

最後の3つ目は、条件の優先順位を決めるということです。あれもこれもと条件を提示しても、希望通りの仕事を見つけることは難しいといえます。

ですから、どうしても譲れない条件を決めてしまい、更に優先順位をつけてしまうのです。 例えば、残業は多すぎない方が良いということや、転勤はできるだけ避けたいということなど、今まで勤務してきた中で、どうしても譲れない条件というものは、誰しもいくつかあるといえます。

よく、頭の中を整理する必要があるため、すぐにポンと思いつくものではありませんが、一度紙に書き出してみることで、どのような職場で働きたいのかが明確になるといえるでしょう。

北海道薬剤師会